2021年度開始 販売士試験 新試験方式特集ページ

2021年度より、販売士(リテールマーケティング)検定試験が大きく変わります。

本特集ページでは、新試験方式(ネット試験方式)に関する情報を集めてあります。

「新しい試験方式になってどうなるの?」という疑問を解消します!

 

新たな情報が公開され次第、更新していきますので、

2021年度に販売士検定試験に挑戦する方はチェックしてみてください。

YouTubeチャンネルでも解説中

2021年度以降の販売士検定試験について(2021.02.28更新)

2021年度より販売士(リテールマーケティング)検定は、

商工会議所等で実施するペーパー試験方式から、

所定のセンターでパソコンを利用して行うネット試験方式に変わります。

開始時期は2021年7月以降を予定しています。

 

変更の理由は

・試験機会を増加し、試験の利便性を向上させるため

・新型コロナウイルスの感染防止のため

・感染症や自然災害時にも継続して試験を実施するため

と日本商工会議所から説明されています。

 

これに伴い、販売士検定試験は非常に大きな転換期を迎えます。

2020年度までの試験との大まかな変更点は以下の通りです。

販売士試験制度 従来試験と新試験の比較

項目 従来試験 新試験
試験方式 ペーパー式 ネット試験方式
試験日時

1級     → 年1回 

2級、3級 → 年2回 

各試験会場(テストセンター)が

定める日時で随時実施

試験会場 商工会議所、商工会等

株式会社CBT-Solutionsの

テストセンター

試験科目 全5科目

全5科目

受験料

1級 7,850円 

2級 5,770円

3級 4,200円

(変更なし?)

試験時間

1級 200分

2級 150分

3級 100分

1級 90分

2級 70分

3級 60分

合格基準

全級共通

①全科目平均70点以上かつ

②1科目ごとで50点以上

【1級】

①各科目70点以上

 

【2級・3級】

①全科目平均70点以上かつ

②1科目ごとで50点以上

科目免除

科目合格

【科目合格(1級)】

70点以上得点した科目は科目合格

以後2年間(2回分)科目免除

合格科目の得点は引き継がれる

 

【科目免除(2級・3級)】

「販売士養成講習会」又は

「養成通信教育講座」修了で

直後2回分の試験で一部科目免除

【科目合格(1級)】

70点以上得点した科目は科目合格

有効期限は科目合格した受験日の翌年度末

 

【科目免除(2級・3級)】

「販売士養成講習会」又は

「養成通信教育講座」修了で

受講修了日の翌年度末まで、

一部の科目が免除

認定証

合格者には

「販売士認定証」

「合格証書」が郵送される

合格者には

「販売士認定証」が郵送される

合否判定

試験後、1ヵ月程度で発表

即日発表

※1級の記述式試験がある場合不明

新たな情報が公開され次第、追記していきます!

 

 

※情報参照元 日本商工会議所 販売士ホームページ 2021/2/17 公開

「第87回リテールマーケティング(販売士)検定試験を受験された皆様へ」